美醜の大地ネタバレ結末

「美醜の大地」ネタバレ結末 59話 絢子の衝撃発言!「○○がほしい・・・」

2021年7月29日

えっ、ちょっ、うわぁーーー!

と思わず黄色い声をあげてしまった、衝撃の「美醜の大地」59話。

 

あのお澄まし顔の絢子お嬢様が〜〜〜!!! まさかのまさか。

 

さらにさらにっ、菊乃さんの実家の話題なんかもあったりして。

心臓バクバクの展開です♡

 

スポンサーリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第59話ネタバレ

ドクターの首から下を狙う、加也の狂気

 

大事な愛する弟のために「ドクターの体」を手に入れようとする狂った加也。

菊乃が外出したすきに、一芝居うってドクターをおびきだそうとするが・・・

「邪魔者」の存在に苛立つ。

 

菊乃さんのパパって植木屋さんだったみたいよ

 

家出少女のニュースに、自分自身の両親を思い出す菊乃。

宿のフロントに着替えを取りに来た菊乃だったが、「市村ハナ」の名がラジオから流れて驚く。

 

醜女から生まれ変わり、すでに「市村ハナ」の存在はこの世から消えていたはず。

警察が一体、どうしてハナにたどりついたのか・・・

 

柏葉警部のあだ名は「カバさん」だってよ

 

ラジオに「市村ハナ」捜索の情報を流したのは、柏葉警部だった。

同僚たちは殉難船の生存者名簿に載っていないことを理由に、柏葉の言うことを信じないが・・・

「刑事の勘」を信じて、柏葉はひとり、真相にせまろうとしていた。

 

スポンサーリンク

第59話の見どころ!絢子お嬢様のご乱心!?「○○がほしい・・・」

 

率直に言うと「なんで、突然そんな心境に!?」な、絢子お嬢様の衝撃発言。

思わず三度見してしまいましたが・・・

 

絢子もラジオ聞いていて「市村ハナ」の名に反応→ 窓ガラスの影に写ったお母さんの亡霊→ シリアルキラーっぽい絢子自身の姿が映る→ ワンコ清二郎がしっぽ振りながらお茶もってくる→ 絢子ダッシュでぎゅー

 

・・・⇒「○○がほしい・・・」

 

ちょwwww なんで?なんで?なんでそうなるーーー笑?

 

やっぱり、サイコパスの思考回路は理解できないものの、予想を常に裏切ってくる絢子お嬢様に目が離せません!

てか、今までのお話の中で一番「ふおおおおーーーー」って感じでした。

 

 

「美醜の大地」第59話 感想

 

えっと本編と関係ないんですが、タイトルの話数が今月号の電子雑誌版「まんがグリム童話」の美醜の大地の表紙が「60話」なってまして。

 

わたしのカウント間違いだったのか? それとも雑誌の印刷ミス?と思ったものの

 

前月号を見返すと、ちゃんと「58話」になっていたので

 

『やべえ、世界線を移動してしまった』

 

と本気で心配してしまいました。

(最近、パラレルワールド・並行世界ネタが好きなもので)

 

未来の美醜の大地「60話」が配信されている別の世界線に移動した・・・ゴニョゴニョ。

と、この話題はこのへんで(笑)

 

今回のお話は、内容的に結構いろいろあったんですが、なにせ思いもよらぬ絢子お嬢様の発言ですべてが吹っ飛んでしまいました。

(正直、加也とかどうでもいいレベル)

 

ホントは菊乃さんの善良そうなご両親だとか、(当時の時代背景では男性が女性になるのは厳しかったから受け入れられなかっただろうけど、いい人そう)

強面に磨きがかかった柏葉警部の愛称が「カバさん」と、親しみやすい感じだったりとホッコリな内容もあるのですが。

 

清二郎的には非常にオイシイ展開で、むほほ、ですけれども・・・この結果が今後どうつながっていくのだろうかというヒヤヒヤ感もあります。

 

では来月、またね!

「美醜の大地」第60話 感想へ

 

 

 

 
 
リライト・まとめサイトへの転載は禁止です。

 

-美醜の大地ネタバレ結末

Copyright© 美醜の大地のネタバレ結末まとめブログ , 2021 All Rights Reserved.