美醜の大地ネタバレ結末

「美醜の大地」ネタバレ結末 第44話 「俺の女」

2020年5月3日

みなさ〜ん! GW、元気に巣ごもりしていますかーー!!

さて、今回の「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」44話は・・・

 

「誰が『俺の女』じゃあ〜〜〜! ほぼモブ男の分際でぇっ」という、ハナのファンの悲鳴や・・・

「いやいやいや。あんたが入ったら足手まといになりそうなんだけど」という、綿貫負けフラグに・・・

「新婚カップル、幸せ過ぎて爆発しろ」感が満載な白井&絢子夫婦。

「あーあ、とうとうお姉ちゃんのヤバさに気づいちゃったか」な森哉くん。

 

ステイホームなわれわれの心を和ませてくれる内容になっています。

 

スポンサーリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第44話ネタバレ

顔に傷のある見るからにヤーな鶴田のハナに対する独占欲

 

綿貫とハナの前に現れ、ハナのことを「俺の女」宣言して綿貫を威嚇する鶴田。

 

独占欲丸出し、そして密な関係をにおわせるヤの字風な鶴田に「川底に沈められるかも」とビビリまくる綿貫。

 

ハナチームに加入!? 綿貫の決意とは

 

余計なことに首をつっこむな、と脅す鶴田に対し、ハナを守りたいと綿貫は「ある決意」をする。

新聞記者としての情報網、警察からも情報を引っ張ってきて自らスパイになるとハナたちに協力を申し出た。

 

危険よ、というハナの警告にも怖気づかずOKをもらうが・・・

 

ちっちゃなお家で新婚生活ごっこが楽しかった清二郎&絢子

 

隠れ家をあとにした清二郎と絢子は、小樽へ出発。

二人の愛が、理解がより深くなった「小さい」家の大切な思い出。

 

これまでも、これからも、ずっと必ず絢子のそばに・・・幸せいっぱいな清二郎。

 

スポンサーリンク

今回のみどころ:姉の本心に気づいた森哉の自立

 

サチを失い、過去のさまざまな思いをめぐらせ、「自分たちの母親」について「姉が嘘をついていた」ことに気づいた森哉。

 

母は、自分たちを捨てたわけじゃなかった。

どうしてそんな嘘をついたのか、と森哉は姉を責めるが・・・

 

「美醜の大地」第44話 感想

 

誰が『俺の女』じゃあ〜〜〜!

と、ちゃぶ台ひっくり返したのはわたしです。

 

物資を調達したり、重要な情報を提供するハナの協力者、という立ち位置の鶴田でしたが、『ほぼモブキャラ』だったのが、ここにきてサブキャラくらいに格上げしそうな勢いですね。

 

鶴田は整形前の「醜女」だったころからハナを支えていた存在で、アレと引き換えに必要なものをもらうというギブアンドテイク、あくまでクールな関係だったはずですが・・・

 

哀しい運命を背負った、美しさと醜さのあいだで揺れる魅力的な女性・ハナ。

 

ハナの生き方をよく知っているからこそ、その人間性に惚れてしまい、表面上ははすっぱにしていても心情的にはギブアンドギブになっちゃったんだろうな、と。

 

男は惚れた女には甘いってことなんでしょうねー。

なお、鶴田は綿貫の素性について、「おっかさんを泣かせる」発言で、かなりの身の上情報を手に入れている様子。

 

綿貫がハナチームに入りたい!と正式加入するのはいいんだけど、めっちゃ足を引っ張りそうな予感がします。

 

善意で行動しても、結果として邪魔をしてしまう人ってたまにいますよね。

まさに、綿貫ってそういうタイプに見えるんだよなあ。たまにはカッコいいところ、見せてほしい(笑)

 

後輩・相原の復讐をもちだしてなんとか信頼してもらったものの、ハナの表情を見ると、さらに深い闇に足を踏み入れてしまうことになっていきそう。

 

ハナチームがシリアスでくら〜い雰囲気なのに、対照的にほんわか幸せオーラが漂っている清二郎&絢子。

 

「こういう小さな家もいいもんだね」

とのたまった清二郎。

 

どんな家か見たら、2階建ての広い一軒家。

小さな家って、これかい!! と思わずツッコミ。

 

えーと、庶民にとっては「ご立派な邸宅」すぎなんですけど、大金持ちカップルですから、あれが「小さな家」感覚なんだろうな・・・

 

「小さな家」は1LDKとか6畳1間とか、せいぜい30坪の平屋のことを指すんだよお坊ちゃん、と小一時間、清二郎を問い詰めたい管理人でした。

 

 

素敵な新婚逃亡生活♡

を満喫している清二郎&絢子を密偵している怪しい男(誰だっけ?綿貫の先輩?だったような気が)が。

 

こちらも、そろそろ展開ありそうですね。

 

 

加也と森哉も、加也はまだ弟が自分の支配下にある、と勘違いしていますが、森哉はサチの「母親の愛」を知ったおかげで洗脳が解けて姉から自立しましたね。

 

腹にある傷は、致命傷なのか・・・ちょっと気になるところ。

加也に「お別れ」した森哉は、サチをやった犯人である敏恵と対決することになると思います。

 

それにしても森哉、一気に男として成長した感じがしますね。

それもこれもサチの存在あってこそなので、本当はサチが生き残って、加也が森哉を取られそうになって嫉妬からキィーーーッっていう展開も見たかったなあ。

 

 

来月は、鶴田&ハナになるのか、綿貫&ハナになるのか。

はたまた、もうひとりハナに惚れている栄一が入ってきて、三角関係ならぬ四角関係になるのか。

 

復讐とホラーとラブが同時に進む「美醜の大地」、今後も楽しみです!

 

「美醜の大地」第45話 感想へ

 

 

 
 
リライト・まとめサイトへの転載は禁止です。

 

-美醜の大地ネタバレ結末

Copyright© 美醜の大地のネタバレ結末まとめブログ , 2020 All Rights Reserved.