美醜の大地ネタバレ結末

「美醜の大地」ネタバレ結末 第16話「栄一の過去」藤森治見

投稿日:2017年11月29日 更新日:

宿敵・高嶋津絢子への恐怖心がぬぐえないままのハナ。

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の16話「栄一の過去」では、その傍らに「協力者」として存在する深見栄一のヤバすぎる過去が描かれます。

 

母と養父母一家のせいで「女は汚らわしい」と「大の女嫌い」になってしまった栄一でしたが、ハナだけは違う存在ではないのかと試すように迫ってくるドキドキ展開。

さらに、ラストでは「小石川 菜穂子」と綿貫との、運命の再会が・・・!

スポンサーリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第16話「栄一の過去」ネタバレ

深見栄一が女嫌いになった理由

 

深見栄一は人目を引く容姿に生まれついており、女の媚が「反吐が出るほど」大嫌いだった。

「汚らわしい。女というのは、なんと醜い生き物なんだ」と。

自分を捨てて「高嶋津」の妾となり、去っていった母親。

 

あのあと、栄一は叔父夫妻の家に引き取られ、さらなる地獄を見た。

優秀な栄一は「将来の娘の婿養子」にさせられることが決まっており、オカメ顔の醜い娘に言い寄られていた。

「今からふたりで『いいこと』しましょう」

おぞましい、心からおぞましい提案をされ拒むが、叔母がやってきて「あなたに拒否権はない」と言いなりにさせられる。

 

ハナを試す栄一

 

女なんてみんな汚らわしい・・・

そう思っていた栄一だったが、市村ハナに対してだけは「彼女はどうだろう?」と判断を保留にしていた。

 

今まで彼が出会ってきた女たちとは、違う。

普通の女なら頬を染める栄一の優しい笑みや言葉にも、まったく反応しないハナ。

 

栄一は、だから確かめようとしたのかもしれない。

高嶋津絢子への恐怖に立ちすくみ、落ち込んで食事を摂らないでいたハナに、栄一はいたわりと優しい言葉をかけた。

 

「あなたが恐怖に立ち向かうときは、必ずわたしがそばにいる」

「あなたのためなら、私はなんでもしますよ」

 

女などみんな、優しい顔と言葉で落ちる、と罠をかける。

ハナの表情が揺れ、栄一は彼女を抱き寄せようとしたが、ハナに拒絶された。

 

菜穂子とハナのつながりに悩む綿貫

 

綿貫は、後輩の警官から重要な情報を得た。例の手鏡の女性の指紋が、高嶋津絢子襲撃事件のときに出てきた、と。

明るく優しかったあの菜穂子が、なぜ「市村 ハナ」の復讐の協力者となっているのだろうか。

どう考えても、頭の中でつながりが見えない。

綿貫は未だ菜穂子とハナが、同一人物であることに気づけなかった。

 

「小石川 菜穂子」と綿貫の運命の再会

 

栄一との間にあった空気に耐えられず、外へ出たハナは「本当に恐ろしいのは、何も果たせないまま終わること」という彼の言葉を噛み締めていた。

自分は弱い。醜かった女学生の頃と同じで、絢子が「怖い」なんて!

 

そして「あの言葉」。「どうしてそんなに『綺麗』なの?」という絢子の不可解な言葉。

恐怖を克服するための糸口すら見つけられず、路地裏で泣くハナに声をかけた男がいた。

「菜穂子、さん?」

綿貫がそこにいて・・・

 

スポンサーリンク

「美醜の大地」第16話 感想

 

盛り上がってまいりましたーー!! (v*'ω')v; オォォーーー!!

「美醜の大地」の魅力って、復讐者たるヒロインのハナがただ単に怒りと憎しみに突き動かされているだけじゃなく、復讐という人を傷つける行為に悩み苦しんだり、恐怖を克服しようと涙する人間らしい人間が描かれている点です。

だからこそ、『ハナ、頑張って!』と復讐を応援したくなってしまいます。

 

絢子に対する恐怖が蘇ってしまい、傷心のハナの心の隙間に、栄一が入ってこようとするわけですが。

栄一の過去もだいぶヤバイですね。女嫌いになるのも無理はない。

母親が高嶋津の妾になって腹違いの兄弟を産んだ、という新情報もあったので、やはり絢子は栄一の異父妹である確率が高いです。栄一の母の顔が、絢子に似ている雰囲気だし。

 

で、今回のハイライト

『女は汚らわしくて大っ嫌いだけど、ハナだけはなんか違うような気がする。だからハナに優しくして自分になびくか確かめる』

という、ある意味で栄一が女嫌いを克服しようとするイベントが発生したことです。

 

落ち込むハナに甘い言葉をかけたのは実は試験で、『イケメンである自分の優しさに落ちたら不合格』だったのではないかな。

ハナは彼を拒絶したので、今回は『合格』だったのでしょう。

栄一が大嫌いなのは「男に媚びる女」なので、まったく男に媚びないハナは理想の女性だったりして。

ハナはハナで、男嫌いなんです。だから、男に冷たい(笑)(ブスだといじめられ、美女だと絡まれ)

 

あと、「降りしきる雪の街の路地裏で、綿貫との運命の再会」シーンがあったわけですが、ハナの孤独で傷ついた心を救えるのは綿貫しかいないと思うんですよねー。

問題は綿貫が「小石川 菜穂子=市村 ハナ」に気づいたとき、ハナを丸ごと愛せるかどうか。

 

「美しい菜穂子」に恋をして、その正体が醜女顔の復讐者・犯罪者であるとわかっていてもなお、ハナを許して好きでいられる包容力があるか、綿貫の度量が試されます。

いろいろ試されていますね・・・試される大地・北海道が舞台なだけあって、随所に北海道らしさが出ています。(ししゃも食べてておいしそうだった)

 

次回、綿貫とハナがどうなってしまうのか。

栄一との絡みもあるし、ますます楽しみです!

 

美醜の大地 17話ネタバレへ

 

 

 
 
リライト・まとめサイトへの転載は禁止です。

 

-美醜の大地ネタバレ結末

Copyright© 美醜の大地のネタバレ結末まとめブログ , 2018 All Rights Reserved.