美醜の大地ネタバレ結末

「美醜の大地」ネタバレ結末 第13話「高嶋津家」藤森治見

更新日:

高嶋津絢子がいる復讐の決戦の地・札幌へ、協力者の深見栄一と鶴田と共に潜入した市村ハナ。

その裏ではハナに恨みを抱くフランケン・敏恵が、ハナを陥れるべくサチに接触。

ハナを心配する菊乃さんと、ドクターとの過去のなれそめ。

それぞれの思惑がうごめく「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の最新話13話「高嶋津家」では、さまざまな登場人物たちの想いが描かれています。

スポンサーリンク

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」第13話「高嶋津家」ネタバレ

共喰いをする小鳥

 

高嶋津家の長老は屋敷で「絢子が結婚か」と、もうそんな年になるのかと式の日取りを執事に尋ねた。

5月半ばに行われると聞き、

「カゴの小鳥でも、つがいになれば孤独はまぎれよう。
もっともあれは、共喰いをする小鳥だが」

とひとり笑っていた。

 

札幌を拠点にするハナ一行

 

鶴田の手配で、ハナたちは札幌にある宿泊施設のフロアを貸し切りにしており、そこを拠点に動くことにした。

深見栄一はさりげなく「おふたりの関係は?」と、ハナと鶴田のことを聞く。

「わたしの協力者よ」

「協力者・・・ね。色気がねえな」

 

そう答えた鶴田は、逆に栄一に何をしたいのかと尋ねた。

鶴田はその情報網ですでに、栄一のバックグラウンドについてあらかた調べていた。

樺太で深見商会という会社経営者の息子だったが、高嶋津のせいで一家は崩壊。

父なきあとは、親戚に引き取られて勉学に励み、弁護士となっていた。

 

「高島津をつぶしたい。私の目的はそれだけです」

栄一の目的は「高嶋津という存在の失脚」。

そのための足がかりとしてハナに協力し、高嶋津家令嬢の絢子を落とす手伝いをするという。

 

瀬尾サチの前に現れた敏恵

 

ハナに襲われたものの、息子のおかげで命を許された瀬尾サチはその後、絢子に仕事を「辞めます」と伝えて、息子と一緒に旭川から小樽へ転居した。

あのとき、ハナは命を奪いはしなかったが、自分を許したわけじゃない。

また復讐にやってくるかもしれない、という恐怖からこっそりと小樽で隠れ住み、息子が一人前になるまで生きようと誓っていた。そしていつか、ハナに償いをしようと・・・

 

その日、目の前に敏恵が現れた。

「ひさしぶりね、サチ」

敏恵の顔は、二目と見られない醜く引きつったツギハギだらけに変わり果てており、サチはハナの復讐でそうなったのだと恐怖にふるえる。

そして敏恵は、ハナに復讐をするから手伝ってほしい、という。

 

「だめよ、絶対にいや。私、小さな息子がいるの。
息子に恥ずかしくない人間になるって決めたの」

涙ながらにそう訴え、もう関わりたくないのだ、と告げた。

だが、敏恵は執拗に協力をせまる。

 

ふと、サチは敏恵がなぜ、自分の居場所を知っているのだろうかと思いつく。

小樽にいることは、旭川にいる祖母しか知らない。まさか・・・!?

敏恵は血まみれの袖を見ながら、「あんたのおばあちゃん、素直に教えないんだもの」と醜く笑う。

サチは敏恵を振り切って逃げ、以前取材申し込みをされていた出版社の綿貫に助けを求めた。

 

白川の絢子への「殉愛」

 

白川は父親から結婚式をする小樽のホテル「恵比寿亭」について、電話で話をしていた。

挙式後、そのホテルを夫婦ふたりで管理することになっていた。

ホテルのお披露目も兼ねていることから「必ず成功させますよ、父さん」と白川は孝行息子として答え、「くれぐれも『問題』を起こしてくれるなよ?」と念を押す父の電話を切った。

 

もう大丈夫ですよ、父さん。

ぼくは、やっと見つけたんです。本当に大切なものを。

 

これまでの人生で数々の「おもちゃ」を壊してきた白川であったが、絢子と出会って生まれてはじめて「自分が本当に何を望んでいたのか」知った。

絢子に遊んでもらっている時間は、何ものにも代えがたいほどの幸せ。

心が満たされ、「絢子さんさえいてくれれば、ほかに何もいらない」と思える。

絢子が使ったタオルに頬ずりしながら、白川はうっとりと幸せに包まれていた。

 

ドクターと菊乃さんのなれそめ

 

ドクター・内田からハナが札幌に行った、と聞き菊乃は不安で仕方なくなる。

最後の復讐を果たしに行ったハナは、絢子への復讐を遂げたあとどうなるのだろうか。

「これで永遠の別れになるかもしれない。せめてもう一度、話したかった」

 

「気になっているようだな」

そんな菊乃を見て、「おまえの好きにするといい」というドクターだったが、菊乃は彼のそばを離れるわけにはいかない。

敏恵のように、悪意をもって襲ってくる人間がいるかもしれないからだ。

 

菊乃は不意に、ドクターとの出会いを思い出していた。

戦地で足を負傷しながらも、軍医として兵役ついていた内田中尉。

 

「内田中尉、脚がお悪いのですか」

「これはこれで都合がいい。内地から出ずに済む。
病院に今、焼夷弾が落ちれば共におしまいだな」

負傷して彼に手当を受けていた菊乃は、その言葉を聞いて「そのときは、自分があなたを担いで逃げますよ」と言った。

 

昔も今も、「わたしがこの人を護らなければ」という気持ちにさせてくれる。

それが菊乃にとってのドクターだった。

 

絢子に迫る復讐の刃

 

札幌へ絢子を伴って婚礼の衣装合わせに出た白川は、婚約者として甲斐甲斐しく彼女に仕えていた。

賑やかなデパートで春物の展示をしていると聞き、「あとで少し見ていこうか、絢子さん」と微笑む白井に、澄ました顔で連れ立って歩く絢子。

どこから見ても、幸せそうなカップル・・・

だが、その真後ろにカップルに扮した栄一とハナが後をつけて、憎しみに煮えたぎるハナの眼差しが絢子を貫いていた。

 

「美醜の大地」第13話 感想

 

今回は主要な登場人物たちが、まんべんなく出てきてそれぞれの状況や想いが伝わってくるお話でした。

高嶋津家の長老はたぶん、絢子の祖父?だと思われますが、「共喰いする小鳥」だと絢子を評しています。さすが、呪われた高嶋津家のおじいさん。

 

栄一はカンがいいので、ハナと鶴田との関係が「協力者」だけではないことを見抜いた様子。うーん、嫉妬してるのかな?

ラストでは恋人同士のふりをして腕を組んでいましたけれども、絢子への復讐心で憎しみに染まったハナがすごい顔になっていましたから、色気もへったくれもない。

 

白川は絢子にベタ惚れで、「自分の本当の望み」=絢子の下僕、ワンコ、いじめられたい、虫けら扱いされたい、何されても喜び、でほんっとう〜に幸せそうな表情をしています。

これぞ、まさに「殉愛」・・・「心から満たされるんです」「絢子さんさえいれば何もいらない」と、絢子への愛を告白し、愛に生きる白川は特殊性癖さえなければ結構いい男に見えてきました。(大金持ちだし)

絢子にとっての白川は、ただのワンコ or 虫けらなんですけどね。

 

個人的に嬉しかったのはドクター&菊乃エピ。

「あなたを担いで逃げますよ」という、男らしいけど女らしい菊乃さんが素敵すぎ。ハナのことは心配だけど、ドクターが命だという菊乃さんのなれそめがわかってよかったな〜。

菊乃さんはいつもハナの復讐のその後の人生を心配していて、こんな心優しい女性に惚れられているドクターは幸せ者です。

 

サチの前に現れた敏恵は完全な復讐の鬼になっていて、もはや手がつけられない状態。

絢子を狙うハナが、後ろから敏恵に狙われ、サチから連絡を受けた綿貫が動き出す。

絡み合った糸のような複雑な展開に次回も正座待機。

>>「美醜の大地」無料試し読み

 

第14話「再会」ネタバレへ

バリュコマ

-美醜の大地ネタバレ結末
-

Copyright© 美醜の大地のネタバレ結末まとめブログ , 2017 All Rights Reserved.